スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

思春期の親

『子供が育つ魔法の言葉』で、
思春期の親の役目は、
子供が自分の特性に気づき、それを伸ばすように導くことであるらしい。
そのために一番よいのは、日常生活のちょっとした合間に、子供の話を聞くことであるらしい。
大切なことは、先回りしたり、親の考えを押しつけたりしないことであるらしい。
子供の自立心を挫いてしまわないように、親は、あくまでも子どもの気持ちや考えを尊重すべきであるそうだ。

以前、確か、
細木先生も、
子供を抱きしめてやって、子供に、いってこい、でも、なにかあったら、お母さんがいるよ、お父さんがいるよ、なにかあったら、戻って来い、みたいにいうのがいい、と言っておられたと思う。

以前にも書いたと思うが、思春期に子供が親に何か相談するようなことはめったにないことなので、難しいかもしれないが、子供が相談にきたら、重大なこととして、真面目に話を聞いてあげるべきだと個人的には思う。
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

ffffffff

Author:ffffffff
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。