スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

ルーゴン・マッカール双書

[[「第二帝政下におけるある家族の自然的社会的歴史」の副題を持つルーゴン・マッカール双書において、「家族の自然的歴史」とは、一族の人々に代々受けつがれてゆく遺伝形質の追跡を意味していた。
(ただしゾラにおける遺伝の影響力の重視は、よく言われるように妄信的・教条的なものではなく、作品を方向づける一要素といった程度のものであることに注意を要する。]

以上のように、映画「居酒屋」のシリーズについてかかれたものを見た。

さらに、家系図を見ると、「居酒屋」の主人公の父方の両親は母が父の愛人とあるので、結婚していないのではないだろうか。

細木先生は、結婚して別れ、父親に戸籍が入っていない場合、根無し草といって、八代まで苦しむというようなことをおっしゃっておられた。
また、ある人のしたことは、三代目、孫の代に出やすいとも、おっしゃっておられた。
小説とはいえ、そのような話とも合致していると思った。
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

ffffffff

Author:ffffffff
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。