スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

三歳までの子育てがやはり一番大切

子どもに当然必要なのは、愛情だと思われます。
 愛情の対義語は何だと思いますか?
 憎しみではないんです。愛情の対義語は無関心だといわれています。無関心に育てられた子は、後々、いろいろと問題が起きてきます。
 また、情緒的に未成熟な親、精神的に幼い親というのがいます。情緒的未成熟な親は子どもといつまでも一体化しようとします。そうなってくると、子どもは精神的に去勢されるといわれています。「おれは男だ」「わたしは女です」というのがなくなるそうです。
 また、情緒的未成熟な親というのは、例(たと)えば、子どもを自分が連れていきたいから、連れて行く、親になったときに、こうしたかったからやっている。それはこどものためではありません。そして、どうだ、いい親だろう、とやるんです。子どもが本当にそれがしたいかではないんです。子どもの意志を尊重するのではなく、自分がそうしたいからなんです。そうすると、子どもは親の機嫌をとらなくてはなりません。ここでは、親子は逆転しています。愛情とは、その人に自分のしたかったことをおしつけるのではなく、その人が欲しいだろうと思うものを足を棒にしてさがすようなことであると、心理学者の加藤諦三さんはいっておられます。
 子どもの頃というのは特に大切で、子どもの頃、虐待をうけたりすると、発達がおくれたり、トラウマとなってさまざまな症状が出てきます。
 また、情緒的に未成熟な親に、つまり、精神的に幼い親にそだてられたりすると、さまざまな問題が出てくることが考えられます。うつ、対人恐怖などです。
 最近の親ごさんはああしなさい、こうしなさいということを聞かせようとなさる。さらには子どもを自分のいうことを聞かせようとして、遠まわしに「これこれこうしたらいいんだけど、そうしないと知らないよ。」というようなことをおっしゃる。こういうのがあると、子どもは逆に面と向かって反抗もできません。しかし、そのハンコウできないストレスはたまっていきます。ニートや引きこもりになる子供たちはPTSD(トラウマ、心の傷)にかかっているといわれています。例(たと)えば、ある家庭があります。その夫婦、父母はお見合い結婚をして、夫は仕事で家にいません。そして、そういう家庭では、お見合いで、金銭的なことや、体裁、世間体で、みんな結婚していくからという理由で結婚している場合も多々あります。
 そうした妻、母は子どもに過剰な要求を押しつけます。例(たと)えば、「いい学校に入りなさい」などです。
 子どもの本性はわがままなんですね。それなのに、一切のわがままを子どもは禁じられてしまう。または、母親や親のために禁じてしまいます。しかし、無理して、生真面目な人とは愛されないのです。それはありのままの自分を出していないからです。そうすると、本人ももちろん、ありのままの自分を受け入れてもらえないことになります。
 それなのに親は子どもに真面目を要求しすぎるのです。
 教師や公務員の子で、補習に出ない、不登校になるお子さんがいらっしゃいます。教師が親ということでプレッシャーがあるのに、さらに、これは私見ですが、さらには、親からのプレッシャーまであるのかもしれません。「お母さん、先生なんだから、頼むよ。」とか、「勉強しなさい。」とかですね。
 しかし、こういう家では、さらには、両親が共働きで、子どもにさく時間が少ない。父親は育児は母親にまかせるものと思い、母親は共働きだとどうしても家事と仕事を両方こなさなくてはならない。そうすると、子どもにさく時間が少ない。そうすると、どうしても、子どもにかまう時間が少なくなってしまいます。
 私は、母親は少なくとも二、三歳までは、ずっと子どもを手放さず、面倒を見ること、できれば十歳までは見た方がいいと思います。
 それに、育児は両親ですべきです。
 「三つ子の魂百まで」という言葉があります。三歳までの子育てがやはり一番大切だそうです。三歳までに子どもに自己評価を高めてあげる。それには子どもに甘えさせる必要があるそうです。それは、物質的に何でも買いあたえたりする甘えはいけませんが、精神的な甘えは必要なんです。『子育てハッピーアドバイス』という本にあるように、甘えた子どもが自立するんです。しかし、前にもいいましたが、情緒的未成熟な親にはそれが難しい。また、両親共働きだと、父親は仕事で家にいない。母親は家事と仕事で手いっぱいでイライラといつもしている。そのイライラは子どもに伝わってしまうようなんです。そうすると、子どもは、そのイライラであたられたりしても、自分が悪い子なんだと思ってしまうそうです。子どもには、やはりできるだけゆとりのある母親の愛情があったほうがいいと思います。
 こういう面から見ても、両親共働きとは、難しい面があると思います。
 もし、女性で働かれるかたがいらしたら、そういうことを考えて、自分をささえてくれる男性を選んだ方がいいかもしれません。
 もともと、男性には男としての働き、女性には女性としての働きがあります。母性です。昔から連綿と受けつがれてきたものですから、それはすぐには変わらないでしょう。もちろん個人差はあります。
 子どもにしてあげるとよいことは、まず、子どもの話を聞いてあげることですね。そして、声かけをすることですね。
また、「機嫌」だけではないコミュニケーション。
子どもにあたってしまったり、子どものほうが正しかったり、子どもに無関心だったり、子どもに要求しすぎたりして、子どもに何か問題が起きてしまった場合は子どもに心から謝ることもよいといわれているそうです。
 そういった理解、共感が必要だといわれているそうなんですね。
 また、さらに、今はできちゃった結婚というのがはやっていますが、胎児のうちから子どもは親の影響を受けているそうなんです。昔は子どもは宝だといって産まれていました。しかし、今は産もうかどうしようか悩んでいる。そういうことも子どもに影響を与えるようです。もし、できちゃった結婚した場合は、より、子どもを注意深く見守り、声かけをする必要があると思います。
 また、子どもに兄弟がいる場合ですが、そういう場合は、上の子をたてるとよいといいます。そして、よけい時間もかかるかもしれませんが、上の子に下の子の面倒を見させる。こういう気づかいが必要です。
 今は、子どもに無関心だったり、逆に「ああしなさい、こうしなさい」と一方的に過保護、過干渉にしすぎる親ごさんがいらっしゃいます。そういった場合、引きこもりになったり、何か子どもが問題をかかえてしまう場合もあるようです。その場合、どうしたらいいのでしょう。
 まずは、お子さんの話をよく聞くことだそうです。本心を怒らずに聞いたほうがいいそうです。そして、あせらず、じっくりと話し合うことです。
 もし、お子さんが非行にはしったりしたら、怒るのではなく、その子の好きな手料理を作ってあげて、「よく、帰ってきてくれた。」とむかえてあげたりです。
 そして、何かしてくれたら「ありがとう」ということ。
 甘えの感情をみたしてあげること。抱きしめてあげたり、世話してあげたりです。
 また、子どもが元気になってきても、あせらないことが必要だそうです。
 お子さんが、本当に問題、うつ、対人恐怖などの問題がある場合は、カウンセラーや心療内科、そこでの処方などがあります。認知行動療法や催眠療法。
 お子さん自身は詩や小説など、読書することやモーツァルトを聞くなどの音楽療法などもあります。
 また、自分の近くにそういうお子さんを見かけたら、「がんばれ」などといわず、できる限りでも、話を聞いてあげることがよいかもしれません。見下して、「助けてあげてる。」という目線ではなくてです。
 また、家では虐待にあっている、そういう子どもがさらに「いじめ」などのターゲットになりやすいという面もあります。
 注意が必要だと思います。
 また、その子、その子で性格がちがいますから、その子のよいところはのばしてやる、悪いところは直すようにして導いてやるという姿勢が必要だと思います。あくまで導くだけです。その子本人が気づかないと意味がありませんし、その子本人がその子の意思でやったことでないと、その子の自信につながりません。その子の自信に裏打ちされていない地位などはなかなか心理的には役に立ちにくい面があります。
 とにかく三つ子の魂百まで。トップブリーダーは子犬を三ヶ月間は母犬のもとからはなさないそうです。
 バラは2シーズンは根や枝を太く強くするため、蕾(つぼみ)が小さなものでもできたらすぐにとってしまうといいます。
 こんなたとえでなんですが、とにかく小さい時、母親のもとをはなさないことが子どもを根本的に身体的や精神的に強くするのでしょう。ただし、離婚したなどの例(たと)外的な場合は別です。
 また、子育てとは、しつけ等をする以前に、愛情を注ぎ、その子はその子、自分は自分と、その子の性格などをありのまま受け入れることなどではないでしょうか。そうすると、その子の自己評価は高まり、元気でいられるのではないでしょうか。そして、その自己評価を高めるためには、母親や親が子どもをあたたかい目で見守ってやること、それが三歳までの期間で、その期間が大切なのではないでしょうか。だからこそ「三つ子の魂百まで」ということわざも生まれたのではないでしょうか。
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:7 | BACK TO TOP |
| ホーム | 母性

コメント

思わず足跡がてらにコメントのこしときます。ブログの更新楽しみにしてますね!またカキコさせてもらいます( ̄m ̄〃)
2008/04/24(木) 15:30:00 | URL | 沙希 #-[ 編集]
俺、超勝ち組www
うはw人妻に30万で童貞買って貰ったww
これ知らずに風俗で童貞捨てた奴らマジ乙だろwwww
http://dtjapan.net/m-hatu/eyxfcjx/
2008/05/30(金) 18:42:32 | URL | ムササビ丸 #CE/4zxHI[ 編集]
"強姦プレイ最高ー!!"
"爆乳人妻に生挿入したら「生はダメ、中はダメ」とか連呼してた(笑)
もちろん中にどっぷり中出したけどな!"
"http://wiiwi.net/kaimas/4k4ti7u.html"
2008/11/01(土) 19:35:42 | URL | "貴公子" #zsR1fWyA[ 編集]
疲れるけど面白い(のワの)
まさか足で擦っただけでイっちゃうとは思わなかったよ(;`゜∀゜)ハフンハフン
ビクビクしてて、すっごい悶絶してて見てて面白かったよ(*゜∩゜)
http://life-work.net/hc-st_i/UxVFZDqM
2008/12/31(水) 15:13:15 | URL | 天美冬香 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/02/05(金) 06:33:53 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/11/08(木) 15:28:46 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/02/07(木) 19:20:53 | | #[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

| ホーム | 母性

プロフィール

ffffffff

Author:ffffffff
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。